男の恋愛応援サイト【恋タメ】

男の恋愛応援サイト【恋タメ】 > 流行を押える > デート > 恋タメ デート学 > イルミネーションデートで彼女との距離が縮まる……..
デート 恋タメ デート学

イルミネーションデートで彼女との距離が縮まる……..

LINEで送る

この季節なると街を彩る数々のイルミネーション。
東京ミッドタウン、表参道など有名スポットはカップルで溢れんばかりです。

illmination date一節では「イルミネーションには、恋愛のエネルギーオーラを高めてくれる効果がある」と言われていますし
また一方では「ホワイトイルミネーションを見ると別れる」なんて都市伝説もあるようで、
それほどイルミーネーションとカップル、デートはセットになって語られています。

そこでイルミネーションのあるスポットでデートを考えている貴方に
編集部スタッフが恋愛のつわもの男女から聞いた「彼女との距離が縮まるちょっとしたポイント」をご紹介していきます。

①イルミネーション自体を目的にしてはいけない!!

「××のイルミネーション見に行かない?」「凄く綺麗らしいから見に行こうよ!」

ストレートにイルミネーションネタでデートに誘う手もアリと言えばアリなのですが、
女性の中には「噂に聞いてはいるけどわざわざそこまで行くの?」「夜は寒いし」「行く理由ってそれだけ?」と考える人も多いのです。

あくまでもイルミネーションはデートを演出する「場の一つ」。デート内容の方が重要なのです。

イルミ新宿2食事(もちろん何を食べるか重要)、映画(何を見るか)、イベントや××観賞など、そもそものデート内容をメインに考えることが大切です。
そして、そのデートスポットに、あるいは帰りがけに「イルミネーション」に出会う。

「デートのラストを締めくくる演出効果としてのイルミネーション」と言う考え方で行きましょう。夏の海で遊んだ帰りに出会う夕日のように。

お付き合い中の二人なら「××を食べた時、帰りに見たイルミネーション、素敵だったね」と思い出になり、
アプローチ中の彼女なら「●●君と××を観に行った帰りのイルミネーション、良かったなあ」とセットの思い出になり、「●●君とのデート楽しかったなあ」に繋がりやすいのです。
実際にそれで「相手の男性が120%素敵に思えた」と言う女性の意見がありました。(笑)

もちろん帰り道を狙うやり方もありますが、有名スポット自体がイルミネーション化されている場合は、「きれいだから、帰りにゆっくり見ていこうよ」と後との楽しみに取っておくのもポイントですね。

②テンション上がっても、多くを語らない

光を見るとテンション上がる!!

イルミネーションに限らず、ライトアップされたものや光で装飾された眩い美しいものを見ると、感嘆の声を上げてしまいますね。
特に女性は、テンションが上がると言う声が多いです。
女性同士でも、記念撮影したり、盛り上がったりしているグループをよく見かけます。

date3現在、長い距離の装飾や凝った演出のアイテム(ツリーや造形など)を何カ所も展示しているスポットも多いですが、
だからと言って、アミューズメントパークのように次から次に早歩きでチェックしていくようなことは控えましょう。

もちろん、テンション上がって会話が弾む(女性はイルミネーションでおしゃべりになると言う説もあります)のもいいですが、ここはひとつ「多くを語らず観賞にふける」ことをお勧めします。

夏の海岸の夕日、高台からの山々の風景などもそうですが、
美しいものを見た時って、ずっと眺めながら頭の中に色んなことを考えたりすることって多いですよね。
じっと風景を見ていると、なんだかリラックスして、満たされたような、落ち着いてくるような感じ……
皆さんも経験あると思います。

イルミネーションも、そういう楽しみ方をしてみてはどうでしょう。

会話に夢中になり景色、演出を見逃したり、会話のネタ切れが怖くなりいきなり「電気代いくらだろう?」などとドン引きするような話をしてしまったり(笑)
(実際にLEDの技術について語った男がいたそうですが)

全体を眺められる場所でしばらく黙ってじっと眺めてみましょう。

会話がなくとも、二人で一つの景色をやっくり楽しむ。そんな感じで。

日常の中にあるちょっとした非日常のひと時が、より思い出深い時間になるはずです。
(ちなにみにこの意見には女性編集部員満場一致で賛成でした)

③ちょっとした気遣い

イルミネーションデートは、季節、時刻を考えると、とても寒いシチュエーションが多いです。

女性の中には、本当は温かい恰好をしたいけどせっかくのデートだからとオシャレして、厚着をしてこない人も多くいます。
もちろん最初から長時間いるつもりもなく、「イルミネーション綺麗だけど、寒いの嫌だなあ」という気持ちも。

そういう相手には少しでも気遣いをしてあげましょう。

冬Y1「寒くない?」を気をかけるのはもちろんのこと、室内から全体を眺められるところにしたり、マフラーをかしてあげたり….

彼女には、イルミネーションの光と貴方のマフラーの温もりが思い出として心に残ることでしょう。

ちなみに女性の意見の一部には、「トイレの場所は大事!!(笑)」と言うのもありました。
これも気遣いの一つでしょうか。

イルミネーションを紹介するサイトは沢山あり、デートスポットとして取り上げられています。

でも、ただ観に行けばいいと言うのではなく、「思い出に残る時間を作る!!」 そんな気持ちでデートを考えてみてください。

きっと、貴方の気持ちも、素敵な思い出とともに相手の中に残るはずです。

LINEで送る

恋タメおすすめコンテンツ

» カテゴリ:

スポンサード リンク