男の恋愛応援サイト【恋タメ】

エンタメ 恋愛トレンド通信

モテる男は同意ができる??


「恋愛の方程式」ってどうよ?

何気なくネットサーフィンしてたら、2ちゃんねる系ブログで面白い記事を発見しました。
その名も「恋愛の方程式」

1.頭のいい男 + 頭のいい女 = 恋愛
2.頭の悪い男 + 頭のいい女 = 結婚
3.頭のいい男 + 頭の悪い女 = 浮気
4.頭の悪い男 + 頭の悪い女 = 妊娠
※恋愛の方程式:アルファルファモザイク

これは非常に説得力がありますね。
多分、男目線でも女目線でも、何となく納得してしまうのではないでしょうか。上手い。

もちろん、例外もあるかと思いますし、反論したくなる人や、
いちゃもんをつけたくなる人もいるでしょう。
例えば、「不倫はどうなんだ?結婚してから浮気してるんだから、
男が頭いいのか悪いのか、矛盾してるじゃないか」とか
「女の浮気はどうなるんだ?」という具合にね。

ま、実際に僕がそうなんですけど(笑)

これは一種のジョークなんだから、上手に受け流すべきだとは思うのですが、
どうも黙ってられない人が、僕以外にもいるようです。

参考にいくつか発言を挙げてみると、

正面で受け止めた意見
◾この方程式からすると頭のいい男は結婚できないことになるが・・・
◾結婚が負け組と思ってる童貞乙。頭の良い男はさっさと結婚してる。でき婚では無く。
◾全く同意しない。結局最後がいいたいだけだろこれ。

といった感じ。なかなか過激ですね。

でも、一方でこういう発言もあるわけです。

肯定的な意見
◾ジョークの系統では結婚が頭の悪いことと捉えているのが多い。
まあそんな必死になるなよ。
◾なんでニュアンスを読み取れない奴が大量にいるんだ?
◾アメリカンジョークのたぐいになるのかなこれは。正しい正しくないは別として、
ネタとして面白い。それにしてもこういう事を思いつく人ってすごいなあ。

どうでしょう?前者とは大分違いますよね?

KYになってはいませんか?

うんうんってだまって聞いてろよ

008[1]こうやって、ネガティブな発言とポジティブな発言を
分けて並べてみると、ネガティブな発言の人は嫌な奴で、
ポジティブな発言の人はいい奴に見えてきませんか?

ちょっと思ったんですよ。
一々いちゃもん付ける人って、非モテなんじゃないかって。

何気ないひとこと発言で、コミュニケーション能力が
垣間見える気がするんです。

考えてみてください。
みんなとわいわい冗談交えに話して盛り上がってるところで、
いちいち揚げ足取り発言とかされると、イラッと来ませんか?
「空気読め」って思っちゃいますよね?今流行の「KY(空気読めない)」ってやつです。

現に、僕が昔彼女と別れた理由もコミュニケーションの問題でした。
「あなたは一々つっかかってくるから話が盛り上がらない。」とバッサリ言われました。
当時は、何がいけなかったか判りませんでしたが、
女の子の会話って、基本的に「へーそうなんだー」「すごーい」といった具合に、
受け流すことが多いんですよね。
「え、それって違うんじゃない?」「でもさー」とかつっかかると嫌われちゃうんですよ。
そうやって僕は嫌われちゃったんですよorz

受け流す技術でモテ男を目指せ!

仲のいい男友達同士だと、結構会話で否定したりしてもいいんですよね。
「俺はこう思う!」「いや、おれは違う!」という感じでも、なぜかまかり通る。

でも、その感覚のまま、女の子と話すといけないんですよね。

例に挙げたネガティブな発言とポジティブな発言を、
「恋愛の方程式」の作者になった気分で、今一度見返してみてください。
自分が女じゃなくても、なぜかネガティブな発言を読むといい気分じゃない。
少なくとも、ぼくはそうでした。

理由は、相手が匿名だからです。
誰かわからない。仲のいい男友達だったら、全然アリなはずの発言も、
相手が誰かわからないから何か嫌な感じがする。

その感覚が、そのまま女の子が感じることだったりするんですよ。
会社の同僚だったり、大学のサークル仲間程度の仲でも、
やっぱり会話には気を付けるべきでしょうね。

言ってみれば、「受け流す技術」というものでしょうか。
相手との距離感に合わせて会話をコントロールする、コミュニケーション術が備われば、
人望も厚くなるでしょうし、きっと、非モテでもそのうちモテに変貌するかもしれませんね。

今回は自戒を込めているところもあって、ちょっと熱くなっちゃいました。

★この記事に関心ある方に【恋タメ編集部おススメ】のサイト!!

自宅で気軽に恋人探し!会員数200万人突破!【今すぐ無料エントリー】
※18才未満の方のご利用はご遠慮ください。

恋愛SNS☆ブログ・占いetc[18歳以上]コミュって出会う♪

それは、一通のメールからはじまる恋人探し。
「ふたり」という選択、アイ・キューピットから。

恋タメおすすめコンテンツ

スポンサード リンク


恋タメ新着記事
女性目線が厳しい!!
デートに合コンに、普段着からファッションチェック!!
 
2022/05/18 :知識を学ぶ
【2022年最新】60代からの友達作りができるオススメ方法5選
2022/05/12 :知識を学ぶ
【女性要チェック】夫が妻に冷めた瞬間ランキング
2022/05/06 :女性が喜ぶプレゼントとは?
母の日プレゼント2022~自粛中にできるプレゼント編~
2022/04/24 :現代合コンの基礎知識
【2022年最新版】埼玉・大宮の既婚者サークル出会いランキング
2022/04/18 :恋愛トレンド通信
【感染対策◎】GWの穴場デートスポットをご紹介!
2022/04/12 :現代合コンの基礎知識
【2022年最新版】東京・銀座の既婚者サークル出会いランキング
2022/04/06 :流行を押える
仲良し夫婦のペアルックはあり?なし?
2022/03/31 :現代合コンの基礎知識
30代既婚者が合コンで注意すべきポイント3つ
2022/03/24 :恋活ラボ
男のホワイトデー反省会
2022/03/18 :恋愛トレンド通信
【2022年最新版】大阪の学生向け街コンランキング
特集
注目の情報
既婚者サークルの画像
▲全国既婚者サークルランキングはこちら▲
広告