男の恋愛応援サイト【恋タメ】

人気No.1男の恋愛応援サイト【恋タメ】 > 特集 > 男の婚活 > 現代婚活レポート > Repo.11 理想と妥協の境界 晩婚時代で変わる[結婚]
男の婚活 現代婚活レポート

Repo.11 理想と妥協の境界 晩婚時代で変わる[結婚]


現代は完全に晩婚時代の渦中にあります。
経済の停滞と、それに伴う個々のライフスタイルの変貌等の影響より、元の時代の婚姻年齢基準に早期に戻る可能性は非常に少ない見通しと言えます。

公式データとなると内閣府発行のものでは平成17年のものに遡り、若干古い記録とはなりますが
男性は80年の調査時での平均初婚年齢27.8歳から2004年には29.6歳に、
同じく女性は25.2歳から27.8歳にそれぞれ上昇。年齢層別初婚率でも女性の20~24歳が75年以降低下、25~29歳についても95年以降低下しています。

また日本経済研究センターの2011年の報告からは、晩婚化は女性が、非婚化は男性がその傾向が多いとされ、
2020年には、初婚年齢が32歳と言う報告も出ています。

a211-1しかし結婚願望が薄れたのかと言うとそうではなく、18~40歳未満の未婚者に対し一生を通じての結婚に対する考え方をたずねたところ、「いずれは結婚するつもり」と回答した人の割合は依然90%以上を占めています。

結婚したい、しかし「まだしない」なのか、「出来ない」なのか、「良い出会いが無い」なのか。
調査では「良い出会いが無い」とおっしゃられる方が実に60%に達しています。

「理想」というキーワード

晩婚化傾向となって以来、パートナーに求める条件は非常に高いものに変わりつつあります。
そして晩婚化というキーワードが生み出す弊害は、正に時代を象徴していることが窺い知れます。

「少しでも良い条件のパートナーを、理想のパートナーを探そう」
条件と言うハードルを引き上げ、理想のパートナーを追求し続ける余り、結婚のタイミングがどんどん遅れていく。焦りもあるものの「晩婚化」という単語が言い訳となり、いつしか年を重ねていってしまう。「親の結婚年齢よりも時間が掛かっているけど、そういう時代だから。」と簡単に口に出せてしまう現在には恐怖を覚えます。

特に女性側が男性側に求める要素は現在非常にシビアです。
これも経済不況が要因となりますが、共働きが一般化した現代、男性側に望む要素として
「自分の仕事に対する理解」
「家事・育児に対する能力・姿勢」を重視する・考慮すると答えた女性は実に90%以上、さらに
「相手の経済力を重視する・考慮する」と答えた女性が同率の90%以上。
容姿よりは断然人柄重視で、共通の趣味の産むなどは大きく重視しない、というのが現代の女性の傾向です。

a211-2専業主婦という言葉が死語となるようなこのご時勢、過去に経験の無い新しい時代とも言える中での女性側の意識改革。
生活基盤の安定と、共働きを行うに当たっての協力姿勢、この2つの高いレベルでの達成を望み、また少しでも高いレベルをと求め続ける結果、パートナー探しに大きく時間が費やされる結果となっています。

「妥協」というキーワード

「理想的なパートナー」を求める余り、結婚がどんどん遠のき、疲れ果てた自分がいつしか妥協に入る、と言う傾向は様々な場所で指摘されています。
個々のそれまでの人生経験から、「この要素とこの要素さえクリアされればいい」とハードルを下げる、また条件項目自体を一部削除するなど、自分の年齢と照らし合わせてパートナーを比較的見つけ易そうな、結婚適正年齢に自分をギリギリ間に合わせるような、駆け込み型の「妥協」。

それまでの人生経験が生かされた、パートナー条件の「アジャスト」であればなんら問題は無いものですが、結婚できないかもしれないと言う恐怖に基づいた「妥協」は非常に危険なものと言えます。
結婚後、「こんな筈ではなかった」と言う後悔、高すぎる理想を追い続け、理想に少しでも満たないからと相手を切り捨ててしまっていた若かった自分に対する後悔をしてしまいがちです。

早期行動と「アジャスト」のススメ

晩婚化時代というものは、引いては20代を筆頭に独身が多い時代と言えます。

さらには高度情報化世界に生き、インターネットや携帯電話、新しい企業サービスなどに包まれた時代の現代人は、過去と比較し非常に恵まれた状況下にあると言えます。
例えば江戸時代に生きていたら・・・どんな婚活になるのでしょうか。本当に様々な女性と接点を持つことが出来るのでしょうか。

若年期に理想を持ち、パートナーへの高いハードルを設定することは問題とは言えません。
その期間にどんな行動をし、どんな人間と出会い、自分が求めているものは何か、重視するものは何か、深いレベルで察知することこそ重要であり、それを行わないことが問題です。

「焦りからの妥協」と「冷静で、より適切なアジャスト」は全く性格が異なります。恋愛に積極的ではないといわれる日本人は、全体的にこのアジャスト経験が少ないのではないでしょうか。

出会いがないというのは言い訳にしか過ぎません。
工夫と積極性があれば誰でも何とでもなるのです。

スタートラインに立つことを諦めている方が増えているのも問題かもしれませんね。

恵まれた環境を活用し、出会いをより増やす形での婚活を行い、出来るだけ多くの異性を見てください。そして冷静に自分が求めているものを振り返り、自分の意向というものを改めて知ってください。

全てはそこから始まります。

(TEXT:男の婚活編集部)

    □参考資料
    「晩婚化・非婚化の背景により深刻な男性若年層の諦婚化あり」日本経済研究センター
    「日本人と言う病」河合隼雄著 潮ライブラリー
    「10年後の日本」「日本の論点」編集部編 文藝春秋
    平成17年版国民生活白書 内閣府発行

★この記事に関心ある方に【恋タメ編集部おススメ】のサイト!!

80項目プロフィールで『会う前に』お相手がわかる!★エキサイト恋愛結婚★

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

恋タメおすすめコンテンツ

スポンサード リンク


恋タメ新着記事
女性目線が厳しい!!
デートに合コンに、普段着からファッションチェック!!
 
2020/08/14 :編集部通信
既婚者だからこそ話せる話題ランキング
2020/08/13 :恋愛トレンド通信
夏の恐怖!女性が見抜く男の浮気とその手法
2020/08/12 :現代合コンの基礎知識
20代既婚者が合コンで既婚者とバレないテクニック
2020/08/10 :恋愛トレンド通信
夏に最適?ナイトデートスポットが続々誕生中
2020/08/05 :恋愛トレンド通信
夏に人気の告白スポットから逆引きしてデートプランを企画するには
2020/07/28 :恋愛トレンド通信
夏の恋愛チャンスを手繰り寄せる過ごし方とは
2020/07/26 :恋愛トレンド通信
女性が褒められると喜ぶポイント〜夏服編
2020/07/24 :恋愛トレンド通信
夏の恋愛を一夏の思い出に終わらせない方法
2020/07/22 :恋愛トレンド通信
夏の男の体臭対策〜知っていますか?新種の体臭も登場
2020/07/20 :ライフスタイル
ポジティブ離婚~離婚式~
特集
注目の情報
TV・雑誌・メディア話題!伝説の行列 らーめん香月
全国ラーメンミシュランガイド~ユーチューブ『SUSURU TV』に紹介された超有名店