男の恋愛応援サイト【恋タメ】

男の恋愛応援サイト【恋タメ】 > 特集 > 恋活ラボ > デートの割り勘がNGとなるケースとは
特集 恋活ラボ

デートの割り勘がNGとなるケースとは

LINEで送る

デート時の支払いを割り勘にする男女が急増しています。これは特に若い世代に多く見られる傾向で、男が全額奢るというのはもう古い世代のデート術となりつつありますね。

正直な話、初デートで相手の女性から割り勘を提案されると男は本気で助かりますよね。完全に50%50%の割り勘でなくても少し出してくれるだけで充分有り難いですし、何より男にたかるような女性ではないという性格面を確認できることも大きいです。ちなみに相手が割り勘派かどうかをチェックしたい場合はランチやお茶などの少額デートを最初にしておくと相手のスタンスが掴めますし、自分が全額支払うことになっても出費が小さく済みますから安心ですよ。

さて、今日のお題は「例え相手が割り勘派であっても男性側が全額出すべきケース」について。相手がいくら割り勘派であっても例外的に男性側が多く出すべきシーンや全額出すべきシーンは存在します。例えばこのようなケースでは率先して男性側が払うようにしましょう。

・相手を急に呼び出した場合
突然夜会いたくなった場合や急ぎの相談事がある場合など、急に2人で会うことになるのはよくあること。こういったケースでは呼び出した側が支払うのが一般マナーです。急遽対応してくれた相手に対して予定外の出費までさせないという気配りにも通じるものですので、大人のマナーとして覚えておきましょう。

・思ったより高額な支払いとなってしまった場合
美味しいものを食べていて、つい調子に乗って想定予算を軽々超えてしまったというケースも多々ありますよね。こんな時の割り勘は非常に心理的ダメージが大きいものですので、後で思い出したくないデートとされないためにも本来想定していた金額以上は相手に出させずに男性側が多く支払いましょう。男にとっては痛い支払いですが、その日を嫌な思い出でなく良き思い出とする為の代金です。払い終わった後の自己反省は忘れずに!

・相手が給料前などでお財布がピンチな場合
相手のお財布事情が苦しい時にデートを連発してしまった際や、ちょっと高めなデート代になりそうな際は割り勘を求めてはいけません。あなたに会いにくくなります。相手のお財布がピンチっぽいなと感じたら臨時ボーナスが入ったからなどと嘘をついてでも男性側が払ってあげましょう。

いくら相手が割り勘派だと分かっていても、例外的な場面では相手に負担をさせないという心配りが恋愛では不可欠です。楽しい1日に仕上げるというデート本来の目的の為にも臨機応変かつ柔軟に立ち回るスタンスを忘れずにいましょうね。

LINEで送る

恋タメおすすめコンテンツ

» カテゴリ:

スポンサード リンク


[PR] スポンサードリンク
セレクトショップ 通販サイト セレクトスクエア
恋タメ新着記事
女性目線が厳しい!!
デートに合コンに、普段着からファッションチェック!!
 
2018/12/14 :恋愛トレンド通信
2018-19冬攻略!異常気象でデートプランに必要な準備は?
2018/12/11 :恋愛トレンド通信
クリスマスに温泉は本当にブームなのか
2018/12/07 :恋愛トレンド通信
クリスマスソングを新たなストレスと感じる人が急増中?
2018/12/04 :恋愛トレンド通信
クリスマスディナーで女性が重視するお店選びのポイントや予算をチェック
2018/11/30 :恋愛トレンド通信
【クリスマス雑学】もっとも正統なクリスマスソングと由来は?
特集
注目の情報
最高カップル率84%で人気No.1~全国80ヵ所/婚活パーティー開催【シャンクレールの婚活パーティー】
最高カップル率84%で人気No.1~全国80ヵ所/婚活パーティー開催【シャンクレールの婚活パーティー】
婚活パーティーの流れ
[PR] スポンサードリンク