男の恋愛応援サイト【恋タメ】

男の恋愛応援サイト【恋タメ】 > 特集 > 恋活ラボ > その気になれば年をとっても結婚できる?
特集 恋活ラボ

その気になれば年をとっても結婚できる?

LINEで送る

努力をすれば誰でも結婚できるのか、幾つになっても結婚できるのか?
答えは勿論YESですが、それはあくまで結婚できる人もいるというレベルの話。現実的には30代中盤頃より結婚のチャンスは大幅に減り、年をとるに連れて非常に厳しいハードルとなります。これは婚活を始めればどの男性も実感させられるものなのですが、逆に言えば実際に婚活をしてみないことにはなかなか実感が沸かずに軽視してしまいがちです。

果たして人生に結婚という幸せを加えるには何歳までにどのような行動が必要となるのでしょうか。今回は年齢面を重視して結婚について考えてみましょう。

男女の平均結婚年齢は?

厚生労働省発行の人口動態調査2015年版のデータによると、男性の平均結婚(初婚)年齢は31.1才、女性が29.4才とされています。この数字だけを見ればまだまだ時間的に余裕があると考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし平均年齢だけで考えるのは危険です。次に考慮すべきは年齢別初婚率のデータ、つまりもっとも結婚に辿り着いたのは何才が多いのかという目線です。人口動態調査2013年版によれば男性の場合もっとも結婚(初婚)した人数が多い年齢は27才及び28才で全体の16%を占めています。この年齢が初婚のピーク値となりますが、やはり平均年齢を下回っていますよね。このピーク値と年齢別の結婚(初婚)率こそが今回のテーマの鍵となるものです。

平均結婚年齢を鵜呑みにするのは危険

続けて人口動態調査2013年版のデータを紐解きましょう。

26才から30才までの間に結婚をしている人は合計38%、31才から35才までの層の合計が約23.5%と、31才以降の方の初婚数は25~30才世代より大幅に減少していることが解ります。

また上記2枠を合計すると、26~35才の男性が初婚に至った数は全体の内61.5%にも及んでいます。更に24歳未満の初婚率の合計25%を加えると35才までに結婚している方は全体の86.5%となり、36才以降での結婚(初婚)は実は全体の13.5%に過ぎないというデータが浮かび上がります。平均結婚年齢プラス3才くらいまでは大丈夫、などと安易に平均結婚年齢を心の支えにしてしまうことが危険であることが解りますね。

男性が結婚に向かうべきタイミングは

男性にとって結婚における年齢面のレッドラインこそが実は平均初婚年齢とされている31才なのではないでしょうか。この31才の時点で結婚をお互いに意識出来ている恋愛相手が見つかっていない場合、動き出しのラストチャンスと捉えて早急に婚活に進むべきでしょう。

婚活にも時間が必要です。相手探しの期間や、出会った相手と愛を深め結婚に至るまでの期間を加えると2年3年なんてあっという間ですよ。その時男性側は33~34才。前述の35才ラインにぎりぎり間に合う結婚率がまだ高めに保たれている年齢です。この年齢を過ぎて、もし36才を超えてしまうと非常な苦労となることが予想されますね。

結婚自体は年齢を問うものではありません。最低年齢という法における年齢基準さえ満たしていれば誰にもチャンスが有るものです。しかし実態として何才までなら結婚のチャンスが高いのか、現実的に結婚に至る可能性が高いのかという点においては男性であれば25才くらいから婚活ないし結婚を意識した行動を取ること、27〜28才での結婚が主流となっていることを踏まえておきましょう。

LINEで送る

恋タメおすすめコンテンツ

» カテゴリ:

スポンサード リンク


[PR] スポンサードリンク
セレクトショップ 通販サイト セレクトスクエア
恋タメ新着記事
女性目線が厳しい!!
デートに合コンに、普段着からファッションチェック!!
 
2017/10/18 :新世代の結婚関連マナー
結婚したばかりの友人の新居に招待された〜プレゼントどう選ぶ?
2017/10/18 :トラブル回避に!男の言い訳
【男の盾】女連れで歩いてて本命の女性にバッタリ遭遇した時の言い訳
2017/10/18 :新世代の結婚関連マナー
2次会のみ参加の場合、ご祝儀は本当に不要?
2017/10/18 :トラブル回避に!男の言い訳
【男の盾】今の彼女に元カノとの想い出をうっかり喋ってしまったときの言い訳
2017/10/18 :新世代の結婚関連マナー
式を挙げずに節約婚(ナシ婚)した友人へのご祝儀相場は?
特集
注目の情報
全国10エリアで合コン開催!合コンのシャンクレールにセッティングをおまかせラクラク開催!
全国10エリアで合コン開催!合コンのシャンクレールにセッティングをおまかせラクラク開催!
[PR] スポンサードリンク